読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずきの旅日記

海外小ネタとおいしいもの、ステキな場所

How to get to 南米

 南米に行くもっともポピュラーなルートは

大体アメリカ経由といわれています。

アメリカ主要空港をハブとして(南側の方が多い印象です)

南米のキャリアも入りこんでますので

そこからダラーっと南に降りる感じですね。

 

 しかし。

 なぜ私はアメリカ経由が嫌なのかというと。

 

 絶対に入国しないといけないから面倒くさい

 

 アメリカに入国するには、ご存知の通りESTA電子渡航認証システム)の

申請が必要です。有効期限二年間。申請費用14ドル(だった気が)。

ESTA> 

米国へ渡航される方へ:ESTA(電子渡航認証システム)に申請してください | 外務省

 

 入国は別に良いのですが。その長さがまあだるいこと…

 乗り換えの時間を長めに取っておかないと、例えば入国した後

焦って荷物をピックアップし、ターミナルを移動してチェックイン、

荷物を預けて…というのはかなりきついですものね。

 

 ということで、過去の感想をさらっとまとめますね。

 

1) カナダ経由

フツーに乗り換えができます。入国不要。荷物もスルーで通りますので

乗り換えの時間にさえ余裕があれば、トランジットホテルやラウンジで

のんびりすることもできます。

 帰りにメイプルシロップ買えたのうれしかったな~(´ω`)

2)ドバイ経由 

行き先が南米大陸の東側(サンパウロとかアルゼンチンとか) であれば

中東経由、あるいはヨーロッパ経由でもいいと思います。

しかし乗っている時間が異常に長い(笑)

ドバイからサンパウロまでは約15時間です。

でも、途中砂漠が見れるのは珍しいので良しとしましょう(´・ω・)ノ☆彡

3) ロサンゼルス経由

特に記載することがない(笑)のですが、もちろん一回入国します。

ターミナルも違うので、長蛇の列のイミグレを通り、荷物を受け取って

ターミナルを移動し、また荷物を預けて…という流れです。

どうせ入国するならいっそのことストップオーバーで

翌日出発にするのも良いかもしれないです♪

 

 今年はリオデジャネイロでオリンピックもありますし、

観に行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とにかく南米までは長距離×2を往復するので

ふつうの欧米旅行の倍、体力が必要になります。

帰り道は1日ではなく、2日ワープになりますので、

とても損した気分になりますし(笑)

どうぞ動きやすい格好で、暖かくしてお出かけ下さいね。