読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずきの旅日記

海外小ネタとおいしいもの、ステキな場所

パスポート

 ここ最近は、シリア国籍の人と仕事をしています。

(だけじゃないけど)

 

 ご存知の通り、今シリアは大変な状況で

彼も、彼のご家族もシリアの首都、アレッポに住んでいました。

(注:このような情勢になる何年も前に、彼の家族は仕事で中東に移住しています)

 

 今では難を逃れるために、彼の親御さんは

第三国に住まいを持って生活しているのですが

彼の最近の悩みは、パスポートの更新です。

f:id:hannakov:20160328195831j:plain

 シリア国籍であるというだけで、入国を拒否する国もあったり

(例:クウェート)、身元がクリーンである事を証明するために

多くの時間と労力を費やしているんだそうです。

 

 The world's most powerful passports

http://www.telegraph.co.uk/travel/lists/The-worlds-most-powerful-passports/

 

 この記事によると、シリアのパスポートで、ビザなしで

入国できるのはわずか32/218 カ国。

世界ワースト5位の少なさです。

 

 彼は電話で言っていました。

「仕事をするのに日本のパスポートがほしい位だよ。

シリアのパスポートはみんなに嫌われているんだ」

 

 それに対して日本は173/218カ国、世界第5位の

グループに属します。

 日本からでもブラジルやアメリカ、サウジアラビア等に

入国するにはビザが必要になるのですが

(先日もお話ししましたが、インドはもうすぐアライバルビザになるので割愛)

世界の約8割の国にパスポートだけで入ることができます。

 

 これって実はすごいことなんだなあと

他の国の人と仕事をしているとすごく感じます。

 

 同僚の中国人も、例えばアメリカ(日本人もですが)や

EU諸国に行く場合には、1カ国ずつの査証を取らなくてはなりません。

中東もそうらしいのですが、例えば査証を1カ国しか取っていない場合、

”他の国にも急遽併せて出張行って!”というのが

不可能なんだそうです。

 中国に対しては最近、日本も査証緩和を行っていますが

それでもたびに出るには残高証明書や

身元情報など、かなりの情報開示を行わないと

査証が下りなかったりします。

 

f:id:hannakov:20160328201620p:plain

 フラッと思い立ってたびに出れる。

 実は当たり前のことではありません。

 

政治的な背景だけではなく、金銭的に

取得できない人もたくさんいることを考えると

それだけで恵まれていると思いますし

イミグレで並ぶイライラも、ほんの少しだけ

軽くなる気がします(本当はあまりしません(笑))