読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずきの旅日記

海外小ネタとおいしいもの、ステキな場所

リベルダージ

 サンパウロ市内に「リベルダージ」と呼ばれるエリアがあります。

 少し前までは”日本人街”と呼ばれていました。

 

 今は韓国や中国、アジアの方が多く住まわれるようになったので

"東洋人街”と呼ばれるのだそうです。

 サンパウロ最終日、本来ならば帰国する日だったのが

なぜか飛行機が満席で取れず、休日ということもあって散策に行きました。

f:id:hannakov:20160321213901j:plain

 日本人にはなじみやすい街灯の形だったり

 種類は南米のお花ですが、こんな感じで

路上で昔開催されていた市(いち)のようなお店が

たくさん並ぶのです。

f:id:hannakov:20160321214101j:plain

f:id:hannakov:20160321214109j:plain

 例えば日本らしいお扇子や竹細工品のほか

ちびっこ用に千代紙が売っていたり、毛筆で

名前を書いてあげる書家さんもいらっしゃいましたよ。

 

20世紀初頭に始まったブラジル移民政策によって、

日本からも多くの方がご家族で渡ってこられました。

言葉も違う、土壌も育成植物も違う環境の中で

過酷な労働を強いられる時期もあったと伺います。

その後、多くの方はご自身の農地を所有し農家さんとなり、

大根や米など、多くの日本野菜を栽培しはじめました。

 

 併せて灌漑や道路整備にも尽力され、

実際サンパウロの河川沿いを走っていると、ここは日本かな?と思うほど

国内そっくりな護岸の作りになっているのです。

 リベルダージは終戦後作られたといいます。

最盛期にはホテルや多くのお店が立ち並び(今も多いです)

とてもにぎわっていたそうです。

 

 なので、リベルダージのスーパーマーケットに行くと

f:id:hannakov:20160321214904j:plain

日本でもよく見かけるお野菜のほか、

白米やお餅、切干大根(!)などまで売っています。

 

f:id:hannakov:20160321214920j:plain

ちくわの種類がやたら多いのにはビックリしました(笑)

 

 先人の功績のおかげで、日本人の知名度はとても高く

日本人というだけで歓迎してくれる雰囲気のサンパウロ

 

 正直物騒だし、毎日何人も誘拐される場所らしいですし

私も防弾ガラスの車がついたのは後にも先にもココだけですが

他のどの国よりも日本食がおいしくて、お日さまのような

笑顔にあふれる街でした。

 今度は(仕事じゃなくて)サンパウロ以外の街にも行ってみたいなあ。