読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずきの旅日記

海外小ネタとおいしいもの、ステキな場所

コロンビアのコーヒー

 コロンビアつながりで書きます。

 昨年、しれっとコロンビアという国に行ってきました。

 

 コロンビア is DOKO.

 

 ココです。

f:id:hannakov:20160710200454j:plain

 もはや移動ルート感は南米と一緒。

 ロサンゼルスからボゴタに入りました。

 言語はやっぱりスペイン語

 

 私がスペイン語を話せるなんてことはなく、弊社のブラジル人同僚と

現地で合流しましたよ。

…しかし、ポル語とスペ語は似ているとはいっても、細かいところは

全く違うらしく、しかも英語話者は日本同様決して多くない国なので、

街中では私は貝のように無口になり、同僚もポル語ですら苦戦するほど。

 

 メキシコに引き続き、コロンビアもスペイン語必須です(笑)

 

 ところで、コロンビア。

 コーヒーで有名な国です。

 あのスターバックスすら、コロンビアではマイノリティ。

 

 このときに自分に課したミッションは

『コロンビアコーヒー飲み比べ』。

 

 お出かけ前にガッツリ調べました。

 ボゴタにもステキなコーヒー屋さんがたくさんあるのですが

その中でも

1) フアン・バルデス:コロンビア版スタバ。中南米を中心に精力的に展開。

豆はもちろんコロンビア産。

f:id:hannakov:20160710203001j:plain

| Juan Valdez Café

2)キリカフェ:日本人のオーナーさんが経営しているお店。

日本でおなじみの自家焙煎(だけどココでは皆無)こだわりの品種揃い。

f:id:hannakov:20160710202931j:plain

https://www.facebook.com/www.kiricafe.com.co/

3)スターバックス:黒船系コーヒーショップ(笑) ご当地マグもあります

アメリカのコーヒーショップだけど、ココの豆は全部コロンビア産です!

 

…の3つでそれぞれ豆を買い、コーヒーを飲んでみることに。

フアン・バルデスのティント(いわゆるブラック)は酸味が比較的少なくてまろやか。

キリカフェのティントは、華やかな香りで酸味もしっかり。

スタバでは挫折してラテにしちゃいました…( ;´皿`) 

 

 実はわたし、コーヒーを飲むとトイレが近くなってしまうため

あまり得意ではないのですが、コーヒー素人でも分かるくらいの明らかな違いが

お店ごと・豆ごとにあります。

 

 お値段も一杯あたり180円程度なのに、こんなに香りのよいコーヒーが

毎日飲めるなんて…! と感動するほど。

 

 帰りのコロコロと、手荷物のほとんどがコーヒー豆で占められた帰り道は

乗り換えこみで20時間近くのながいながいたびでしたが、

おうちで開いた瞬間に、ふわあっとコーヒーの香りが広がって

たびの記憶を思い出させてくれたのでした。