読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずきの旅日記

海外小ネタとおいしいもの、ステキな場所

お祈りアプリ

 絶賛ラマダン中にトルコに行った私の話をします。

 同行者はムスリムラマダン中。

日本人の私は「じゃあ私ランチしてくるね~」なんて言えず

滞在期間中はほぼラマダン(お祈りなし)をしていました。

 

 車で移動中、仕事はもちろん、いろいろな話をするのですが

ラマダンってなんでするか知ってる?」と聞かれました。

 

 みなさんはなぜラマダンを彼らが行うか、ご存知ですか?

 彼曰く「断食をして一種の飢餓状態を疑似体験することで、

例えば常にそのような境遇に遭っている人の気持ちを共有して

命を頂いている事に敬意を表し、生きている事に感謝する」のだとか。

 

 なので、日没の食事、イフタールではみんなが食事を分けあったり

お店でもおなかいっぱい振るまってくれたりするのですね。

 

f:id:hannakov:20160314233931j:plain

f:id:hannakov:20160314233940j:plain

 夕方、日没が近くなると皆さんレストランにわらわらと集まり

イフタール(日没後の食事)を摂りに来ます。

 ムスリムではない私は、日中お水も遠慮して飲めない状態なので

目の前においしいお料理が置かれたままの状態で

(はやく食べたいしのみたい…)Oo.(>_<)

これしか考えられません(笑)

 

「もういいんじゃない?もう日が沈んだんじゃない?」と聞くと

おもむろにiPhoneを取り出し、アプリを立ち上げて

「いや、あと3分ある。まだ食べられない。」

 

……3分……?!

もう食べようよ……っていうか私、ムスリムじゃないし……(笑)

 

 どうやらこのスマートフォンご時世、とても便利なアプリがあるようで

お祈りの時間と方角、日没と日の出の時刻をGPSで判別して

教えてくれるんだそうです。

 イスラム暦で行われるので、大体毎年一週間ずつくらい、

開催週が早くなっていきます。

なので夏は大変。特に高緯度に住むムスリムの方は(例えばドイツとか)

日の出(3時頃)から日没(22時前)まで何ものまず食べずで

過ごさないといけないそうです。大変だ……

 

 ちなみに今年のラマダンは、6月6日から7月5日です。

 ご旅行計画されている方は、ご注意くださいね。