読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびずきの旅日記

海外小ネタとおいしいもの、ステキな場所

ヨーロッパの電車事情

 いまさら敢えてお伝えするまでもないですが

 ヨーロッパの電車事情は、日本と全然違いますよね。

改札で大体挙動不審になります(笑)

f:id:hannakov:20160313104104j:plain

 まず切符の買い方が分からない。そして改札がない。

下りるときにも改札がない…。

国ごとに若干の違いがあるので、ここではドイツを例にあげますね。

 

 切符の買い方はタッチパネルの券売機で買うのですが

 日本語の表示はありません。なので英語を判読する必要があります。

(「ドイツ 地下鉄 切符 買い方」等で検索すると諸先輩方の丁寧な

案内がたくさん出てきます)

 

 買った切符は、無人駅にありそうなSuica検札機みたいな大きさの入挟機が

いきなりエスカレータ脇やホームにあるので、そこでバリデーションを

しないとなのです。

 抜き打ちで検札に来ることがおおく、切符を持っていない場合は罰金です。

まあ実際買わなくても入れるし乗れるし、「もう使わないから切符あげるよ!」

とか言って、使っていた切符をくれちゃうおじさんもたまにいます(笑)

 

 発車番線案内も、S,Uバーンの場合日本のように改札前に大きく表示されている

わけではなく、構内のモニタを見て何時何分に何番線というのを確認します。

(↓↓ ICEなど中~長距離はドーンと表示されていますのでご安心を)

f:id:hannakov:20160313111441j:plain

発車番線は「Wiesbaden,Flughafen 3-4」というようにざっくり。

発車時刻表示も日本とは違い、「あと○分(で到着)」と書いてあるので

(わたしはこっちの標記の方がすきだなあ)最初はちょっと戸惑うかも。

降りるときも改札なし。”Ausgang【出口】”とかかれた場所を出るだけ。

 

 発車ベルも、発車アナウンスもなく(到着アナウンスはあります)

スーッと電車が来て、スーッと出発しますので

うっかりしてると乗り遅れます(特にICEとかヤバイ(笑))。

 

 でも、空港と同じくらい、駅もワクワクします。

 なんといっても日本にはない空間の広さと自由さが、個人的には好きです。

駅ナカのパン屋さんやコーヒー屋さんでちょっとお買い物したり

お出かけしなくてもよく立ち寄ります。というか足しげく通います(笑)

f:id:hannakov:20160313111102j:plain

f:id:hannakov:20160313111113j:plain

 

 慣れてしまえばとても簡単。でもその一歩って勇気いりますよね。

 今はインターネットでHow toがたくさんあふれています。

そんなに難しくないし、移動手段が増えるとたびの楽しみが大きく広がりますね。